5ch3

1月13日20時からトークンセール(ICO)中の5chcoinに関して、ICO詐欺疑惑があがっています。

5chcoin ICO詐欺疑惑について

目次
①ICOとは

②5chcoinとは
③詐欺かどうかの検証

 

①ICOとは

ICOとは、「Initial Coin Offering」の略で「トークンセール」とも呼ばれています。「トークン」と呼ばれる仮装通貨を発行し、それを販売して開発、研究などの資金調達をする方法で株式を発行して資金調達をする方法に似ています。株式を発行する必要がない、事業計画書など、株主を納得させる資料を開示する必要がないなど、資金調達に伴うコストを大幅にひきさげることができ、迅速に資金調達できる一方投資家側を保護する法律・ルールが未整備で詐欺が横行しており、自己責任・リスクが高いと言われています。

②5chcoinとは

公式HP:5chcoin
Twitter:5chCoin公式
BitCointalk:BitCointalk
一応ホワイトペーパーもありますので、公式HPからどうぞ。

TOKENの名前  5chcoin(5ch)
規格 ERC20  ETH(イーサリアム)のブロックチェンですね
最大発行枚数 200,000,000,000 5ch(売れ残りはburn)
レート  1ETH=100,000,000 5ch(1ETH=90000円換算で0.0009円/5ch)
トークンセールスタート 2018.01.13 エンド 2013.02.10

概要1<公式HPより>
巨大匿名掲示板におけるトーク経済の成長
トークン経済と匿名コミュニケーションの融合
5chCoinは、日本の掲示板5chの運営とは無関係の海外を
拠点とする独自プロジェクトと自称

概要2<ホワイトペーパーより>
①掲示板で価値ある情報はCoinがもらえる(報酬システム)
ロジックは以下です。
1:送信者Aは価値ある情報B(発信者B)に5chCoinを送る。
発信者Bは5chCoinをもらう。
2:続いて送信者Cは価値ある情報Bに5chCoinを送る。
送信者Cの送った5chCoinは、送信者Aと発信者Bの間で
一定の割合で分配され、ぞれぞれに送られる。
3:以下新規送信者が出るたびに、分配人数が増えて繰り返し。
②報酬システムがもたらす経済圏の実現
AIで代替えされにくい職業を5chCoin経済圏が創設する。
例)掲示板タレント/コメンテーター/プログラマーetc
その職業の報酬は5chcoin。
<総括>
巨大掲示板(5chとは言ってない)で投げ銭。トークンを回す

 

詐欺かどうかの検証

<時系列>
2017年12月5日 ETHのスマートコントラクトの作成に着手
2018年1月2日   テストネットでスマートコントラクトの構築成功
2018年1月9日   メインネットでスマートコントラクトの構築成功
稼働テスト、送金テスト成功
2018年1月13日 トークンセール開始
2018年1月ごろ  「5ch掲示板」で詐欺コインの可能性が指摘される
2018年2月6日   「5ch掲示板」公式が、詐欺コインの可能性を示唆
商標権違反であり厳正に対処する旨を掲示板にあげる
2018年2月6日  5chcoinのTwitterの更新が止まる
2018年2月9日←今ココ  48,376,578,193 coinが発行済(日本円で約5000万)
2018年2月10日 トークンセール終了予定

5ちゃんねる公式声明*******************************************************

15ちゃんねる ★2018/02/06(火) 15:00:00.00ID:LokiTech
5chコミュニティから生まれたと声明を出している5chCoinを名乗る仮想通貨ですが、5ちゃんねる(5ch)運営や5chの商標権者とは一切関係ありません。この仮想通貨は詐欺である可能性が非常に高いため注意を喚起いたします。なお5chCoinの運営元には商標権違反として厳正に対処する所存です。
***********************************************

まず指摘されているのは、「5ch」の名前を本家「5ch」に無断で使用している問題。これは、本家の掲示板を見る限りではクロでしょうね。商標権違反であるとも思います。次に、ICO問題です。日本で(もしくは日本人に向けて)ICOをする際には、金融庁の許可が必要だそうです。

ICO
参考元:ICOについて 平成29.10.27 金融庁

こちらについては、現在のところわかっていません。確認が取れ次第お伝えいたします。最後にホワイトペーパー(と最後にあるロードマップ)を検討します。
5ch5_LI
<構成>
ページ数は15ページ(うち1枚空白)。他のホワイトペーパーと比べて行間が大きすぎるような気がする。
⇒相対的に文字が少ない。適当に行間を詰めて再構成するとページが8枚まで減った。(フォントを15にして、1ページ33行で構成)
英字なので参考になるかかりませんがXPのホワイトペーパー 14ページ、1ページ45行

<ロードマップ>
数字1の部分(スマートコントラクト~)ですがこれってロードマップに載せる必要ある?といった内容。まだ10種類程度しかホワイトペーパーは読んでいませんがこのような前段階のことはあまり書いていた記憶がありません。数字2、3の部分ですが、セール終了、一般販売後短期間で複数の取引所を予定していたり、日本の取引所上場を予定している部分は実現できれば素晴らしいことだと思います。好印象ですね。

一番気になったのは、ホワイトペーパーの中にあるこの部分です。

aaaa

⇒有益な情報が正当に評価されない場合があるのではないか
⇒5chCoinが多くのユーザーに広まる程そういった事は 起きにくくなる
⇒「大多数の人は、価値のない書き込みや悪意のある不快な書き込みなどには報酬は与えないと思われます」。
ちょっと苦しい理屈のような気がします…。5chCoinが成功するためのキモでしょうから、さらなる説明が欲しいところです。

いかがでしたでしょうか。
勝手に「5chCoin」と謳った事は、商標権の違反に該当したとしても詐欺の要件にはあたらないと思いますし、ホワイトペーパー、ロードマップなどは内容はともかくしっかりと出されてます。現状では詐欺かどうかの判断は難しいかとノリヒロは考えました。ただ、5ch公式から出された声明に関して5chcoin運営側がすぐにレスを出さないことは、不誠実だと思いますし、購入された方が不安になるのももっともです。

とりあえず、ICOが終了する2月10日が一つの節目になりそうです。セールが終了して、売れ残りの5chcoinをBurnするかどうか、Twitterが再開するかどうか。またわかりましたらご報告させていただきます。
本日もよいCryptoLIfeを。
ありがとうございました。

コメント