CoinExchange(コインエクスチェンジ)登録方法

CE2

CoinExchange(コインエクスチェンジ)登録方法

ノリヒロです。
今回は、
CoinExchange(コインエクスチェンジ) の登録方法について解説します。

①  CoinExchange(コインエクスチェンジ) 公式HPより「Resister Now」を
  クリックします。

CE3

②Register画面に進みます。

BlogPaint

Email Address:メールアドレスを入力します。
Username:英数字で入力します。
Password:英数字で入力します。
ConfirmPassword:確認の為再度パスワードを入力します。

全て入力を終えたら「Resister」をクリックします。
「登録したメールアドレスに確認のメールを送ったよ」という画面に切り替われば
入力は完了です。

BlogPaint

③登録したメールアドレス宛にCoinExchangeよりメールが届きます。
 「https://www.coinexchange.io/register/confirm/~」(~は個別の数字の羅列が
 入ります。)の青文字のリンクがありますので、そちらのURLをクリックします。

④この画面になりましたら、登録完了です。

CE6

CoinExchange(コインエクスチェンジ) よりログインしてください。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の特徴


草コイン数 450種類以上
単価が安いコインが多く、値動きが激しい
②基軸通貨が(BTC/DOGE/ETH/ETC/LTC)の5種類ある
③CRYPTOPIAと購入できる通貨がかぶっている場合が多くアビトラしやすい

まず、①からです。
CRYPTOPIA(クリプトピア) と同じく、草コインが450種類以上と充実しています。同様に、仕手(PUMP)とみられる急騰、暴落が多数みられるので、短期投機の機会が(リスクは高いです)多いと思われます。ただ、ノリヒロの考えでは、CRYPTOPIAとCoinExchangeの仕手(PUMP)の方法が少し違うように思います。PUMPと思われる銘柄にチャレンジする際は取引所によって別々のアプローチが必要かもしません。のちのち仕手との戦いもアップしていければなあと考えています。現在も、自分の理論ながらオカルト全開で戦ってます…。

次に②です。
基軸通貨が5種類ありますので、リスクが少し軽減できます。Shield(XSH)というコインは、取引できるコインがBTC/Doge/ETHとあります。XSHを売りたい場合、BTCが暴落してもいてDogeが安定していれば、Dogeで売ればよいわけです。また、別のチャンスもあります。
急にXSH/BTCが急騰した場合、その急騰にXSH/Doge、XSH/ETHがついてきていない場合は、Dogeで買ってBTCで売る。ETHで買ってBTCとして売るといったCoinExchange内でのアビトラが可能となります。基軸通貨となる相互間の相場も絡んできますので、目がまわります。

最後に③です。
CRYPTOPIAと違って、CoinExchangeには、アビトラ用のページはありません。ですので、地道に探すことになります。通貨検索、相場検索など情報検索の方法は、次回のお題にいたします。今しばらくお待ちください。

いかがでしたでしょうか。
次回のお題は、相場検索、通貨検索など情報検索の方法です。
よきCryptoLifeを。
ありがとうございました。

コメント