Ledger NanoS 対応開始!BTCP BitcoinPrivate 4/13~4/20の動向

a2
ようやくLedger Nano Sの対応が開始しました!
こんにちは、ノリヒロです。今週はCommunityUpdateがないため、あまりBTCPチームからアナウンスがありません。そのかわり、アンバサダーががんばっています!!

BTCP 4/13~20の動向

目次
①好調なアンバサダープログラム

②LedgerNaoS対応開始

③4/20時点のBTCPの評価

①好調なアンバサダープログラム

4/9~28にかけて、ソーシャルメディアコンテストが行われています。1位には10BTCP。それとは別にTシャツがもらえます。

Facebook、Twitter、instagramのSNSでそれぞれBTCPを紹介するイベントです。いまのところ一番盛り上がっているのはTwitterのように感じます。

それとは別に、各国のBTCP公式アカウントが応援しています。

<BTCPセルビア>

<BTCPポーランド>

まだまだツイート数は少ないですが、もりあがって欲しいですね。

②LedgerNanoS対応開始

4/19に、LedgerNanoSの対応が開始しました!

こちらのChris sulmoneさんが、BTCPのLedger、Trezorへの開発状況をツイートしてくれます。BTCPの開発チームの1人ですね。3月中旬から調整をしていて、githubでプルリクエスト待ちを経て、ようやく実装です。次はTrezorですね!
改めてBTCPチームを見てみると、公式アンバサダー含め総勢38名(4/20時点、内開発陣20名)。チームが充実していますね。
開発チーム:https://btcprivate.org/team.html

③4/20時点のBTCPの評価

開発陣、アンバサダーが充実していると気になるのが現時点でのBTCPの評価になりますね。まずは、Coingekoの評価から。
a3
a5
CoinGekoの基準(時価総額、流動性、開発者、コミュニティ、注目度のトータル指数)による順位は51位。画像2枚目は参考までにTOP10の数字を載せました。
開発陣が充実&Githubが機能しているので、開発アクティビティは80%超え。高いですね。取引量が少ない中で、51位という順位は、すばらしいですね。広報を強化し知名度を上げて、取引所を拡大、取引量を増やしていけば、あっという間にTOP10が見えてきますね。

次はCMCです。
順位は時価総額で表示しています。
a7
時価総額では順位は35位。Volumeが少ないなかで35位は立派です。
a6
最後にBTCPのチャートです。
3月はじめ~4月20日。緑線がドルペアです。
現在は約$30。一時期は低迷しましたが、4/12のSegwit対応の頃に上昇。さらに4/19にLedgerNanoS対応開始で上昇中です。

今週のBTCPはソフトウェア関連がメインでの更新となりましたが、公式ツイートは少な目に終わりました。
来週は企業向けBTCP決済導入プロジェクトのワークフローが公表&開始される予定、アンバサダープログラムが終了&結果発表の予定です。もしかしたらHitBTCへの上場もあるかもしれませんね。期待して待ちましょう。

本日もよきCryptoLifeを。
ありがとうございました。

コメント