最近のKucoinってどうなってるの?

s2

毎週のように多数の通貨が上場するKucoin。Kucoinの現在をお伝えします。こんにちは、ノリヒロです。Stocks.Exchageに続き今回はKucoinです。香港に拠点のある取引所です。Binanceは拠点をマルタに移しました。アジアの拠点はなくなっていくのでしょうか?

4/8~16のKucoin

目次
①現在の取引高

②4/8~16の上場通貨

③改善報告・削除通貨・トラブルなど

①現在の取引高

s3
s4
24時間の取引量になります。Kucoinと比較のためにBinanceも掲載しました。Kucoinは取引量$30,503,715(約33億円)で37位。1位のBinanceは$1,606,266,641(約1760億円)。取引量はBiamanceの約50分の1ですね。日本で最上位はbitflyerで13位、取引量は$136,793,815(約140億円)になります。Kucoinはもう少し上位にいるイメージがありましたが、知名度はまだまだなんですね。
また、Kucoinで特徴的なのが取引量1位通貨がPura(BTC、ETHなどメインではない通貨)ということ。Puraは取引所のうちの約95%がKucoin内での取引であるので、ボリュームがあるのは分かりますが、その通貨が取引量1位とは。それでもKucoin全体の取引量の約10分の1。取引量4位のLoomnetworkも渋いんでノリヒロは好きですけどね。メインどころの通貨の流通が拡大しないと、なかなか取引所の規模は大きくならないでしょうね。草コイン好きにはたまらないですが。
関係ないですが、Cryptopiaは57位、約10億円の取引高です…。

②4/8~16の上場通貨

1:Wanchain(WAN) BTC/ETH
取引所はBinanceとkucoinのみ。知名度の高い通貨がきましたね!中国版「Ripple」とも言われているように、複数のチェーンをWanchainプロトコルで結びつける・銀行のような役割、またスマートコントラクトも使用するというこで、注目されている通貨です。
s6
s5
Kucoin上場のタイミングで20%弱上昇しています。ただ、現在シェアの98%はBianceのようです。可能性がある通貨ですので、がんばって欲しいですね。今週は上場はWANだけでした。話題性は十分だと思います。

③改善報告・削除通貨・トラブルなど

1:上場廃止通貨について

CFD(confido)

4/23で上場廃止となります。理由は、開発チームと効率的な連絡が取れず、Wallet等のアップデートが確認できない状況が続いており、ユーザーの安全性を考慮して削除を決定したとのことです。

SpherePay(SAY)

4/26で上場廃止となります。3/12にSAY運営のウォレットからSAYトークンが盗難。二次被害をさけるためSAY運営は新通貨「SPH」にSwapを提案しましたが、Kucoin運営が拒否。結果として、SAY運営がETHをエアードロップする形で補填をすることになりました。これに伴い旧通貨SAYは上場廃止となります。こんな対応の仕方もあるんですね。Kucoinも大変だ…。

Centra(CTR)

5/3で上場廃止となります。開発者の逮捕によりユーザー保護を重視したということです。

MEET(MEE)

5/4で上場廃止予定です。理由は、上場したはいいが、実はMEEチームが上場要件を満たしていないことが発覚したからです。取り急ぎ通貨MEEは取引停止しました。その後、MEEチームとの話し合いにより新通貨MeetへのSwapが行われる予定です。本当に大変だな、Kucoin…。

2:KucoinShares(KCS)のバーン

4/8 Kucoinの独自通貨であるKCSのうち、312,500KCS(約9400万)を買い戻してバーンしました。最大発行2億枚(内1億枚は投資家と運営で期間を決めてロックアップ)、ホワイトペーパーにて、四半期ごと利益の10%をバーンする決まりになっています。Binanceと同じですね。市場は反応しているのでしょうか。
s7
通常のバーンのチャート(バーン前から徐々に上昇、バーン後に急降下)とは違い、バーン後にも約15%ほど上がっています。その後も右肩上がりになりました。注目度があまりないため、チャートも後追いになっているのでしょうかね。

3:プロダクツ報告、改善報告、その他

<ソフトウエア改修報告>

Webサイト改修
HTML5改修
IOS APPの改修
Android APPの改修
APIの改修

細かに内容は添付のリンクで確認できます。
全体的にはセキュリティを強化している印象を受けました。

<BTCPのWithdrawのアップデート>

BTCPのWalletを改修中。KucoinからのWithdrawが出来ない状態になっています。まあ、上場していないですからね…Walletがあるなら上場して欲しいと再度思います。

<VEchain(VEN)のWithdrawの最小単位を変更>

最小単位を50⇒10に下げたとの事。いつも思うのですが、通貨によって最小単位の設定がありますが、どんな意味があるんですかね?よくBinanceで端数がでるノリヒロです…。

<フォークとエアードロップに関するKucoinの姿勢の再確認・表明>

Kucoinは、フォークとエアードロップに対する厳格なルールを規定しており、そのポリシーに基づいて、フォーク対応をするか、エアードロップ対応をするかを決定しています。ルールに例外はありません。基本的な方針として、Kucoinはフォーク、エアードロップの対応は行いません。開発チームが充実していること、技術力を持っていること、そして実際に製品を持っていることが、検討するに値する材料になります。」

「フォーク・エアドロ対応のポリシー」に厳格に従う旨を明確にしています。最近さまざまな取引所でこのような声明が出されていますね。ユーザーからの通貨上場を求める声が多いということですね。取引所としては、ユーザー保護のためにはリスクのある通貨を上場させるわけにはいかないですからね。仕方がないとは思いますがもう少し基準を公表してもよいとは思います。「どうせ金(上場手数料)が必要なんだろう」というウワサはつきものですので…。

いかがでしたでしょうか。
SNSなどでの広報を含め、Binanceのやり方を踏襲しているように感じました。そのおかげなのか、サポート対応に関するクレームが目立たず着実に進んでいるように見受けられます。あとはBinance CEO CZのような起爆剤が欲しいですね。2017年開始の取引所ですので、まだまだ伸びる可能性がありますね。また、定期的にご報告させていただきます。
本日もよきCryptoLifeを。ありがとうございました。

取引所
シェアする
norihiroをフォローする
CoinExとHydroとノリヒロと

コメント