BTCP BitcoinPrivate 3/17~23の動向

bit2
勢力的な開発活動を行っているBTCP。3月17日~23日までの活動報告になります。
こんにちは、ノリヒロです。定例の週次の活動報告となります。ホルダーの方はぜひ現在の活動状況を確認してみてください。

 

3月17日~23日の活動報告

目次
①サンフランシスコでのフォーラム開催(3/24)情報

②BTCP財団による助成金プログラム

③第3回Community Update

④その他、おまけ

なお、情報はTwitter、Medium、Discord、Telegramなどから収集しています。

①サンフランシスコでのフォーラム開催(3/24)

bit3
3月24日BTCPブロックチェーンに関連したフォーラムが、サンフランシスコで行われます。
暗号通貨の明日を担う有志が、ブロックチェーンのプライバシーについて学んだり、BTCPコミュニティ内で意見交換できます。
また、BTCP開発チームも参加するので、BTCPに特化した話題(BTCPと提携する方法やコミュニティに参加する方法など)も取り扱われる予定です。出資者で開発リーダーであるRhett Creighton氏も参加されるようです。

②BTCP財団による助成金プログラム

bit4

3月19日発表となりました。
BTCP財団(BTCPfoundation)は、ネットワークセキュリティ、暗号の分野での研究に最大15万ドルの助成金を出すことを決定しました。
具体的には、
軽量化されたプライバシーの扱いを強化する
BTCのscriptとZK-SNARKSの溝を埋める
ZK-SNARKへの効率的な強化
ピアツーピアネットワーク層での匿名性の改善
(mixnets,dandelion,tor,identifying spy nodesなど)
になります。
ZK-SNARKSのような強固なプライバシー保護技術をBTCPでも取り入れて、匿名性を高めるのが目的なのでしょうね。

③第3回Community update

bir5

毎週行われているCommunity Update。(community向けの活動日誌です。)。今回で3回目になります。更新されている箇所だけお伝えします。

<Core Blockchainについて>
②でもお伝えした助成金プログラムを公開。優秀で情熱的な人材をチームに追加することでBTCPチームのブロックチェーン・暗号化への開発をより進めることができる。

<walletと支払い方法の提案について>
Wallet関係で、4つのフェーズからなる「Merchant Platform」のロードマップを作成。
adad
フェーズ1の展開は、今のところ4/13予定。
フェーズ1の具体的展開は下記5つ。
1:Trezorのpull requestは、現在もまだ保留中。
反応を待っている状態である。
2:Electrum1.2のテストとプレリリースを今週中に
行う予定。
3:Nano Sアプリをサポートするpull requestを提出。
4:ElectrumのIOS walletを作成中。Githubで確認できる。
https://github.com/BTCPrivate/bitcoin-private-iOS-wallet 
5:Copaywallet(共用Wallet)の開発に着手。
(chromeでの拡張を含む)。

pull requestは、githubの機能ですね。まだ使用したことがないので何とも言えないのですが開発者が作ったコードを”レビュー”するよう依頼しているということですかね。という事は、まだレビューがないということでしょうかね。

<marketing,support,&public relations>
アンバサダープログラムが、計画通り進行している。公式のアンバサダーとは別に、既に17国で正式なコミュニティグループが発足している。
bit10
参照:17か国

全部facebookですね。日本、アメリア、中国、ロシア、UKなど主要なところから、ナイジェリア、インドネシアまで幅広くコミュニティがあります。
また、公式チャットでのサポートから、Discordでのサポートに移動したようです。

<exchanges:取引所>
今のところ変更はありません。

<payment gateway partnerships:決済サービス>

nit11
「ALNAKHEEL」ドバイにあるアルナキールホテルの宝石店です。自動ドアの前に小さく「BTCPシール」が。BTCPが決済手段として使用されているんですね。画像のように、決済サービスとして「BTCP」を使用してくれる企業を引き続き募集しています。

<最後に>
このプロジェクトは、新規で立ち上げたプロジェクトであり旧ZCLのプロジェクトメンバーは全く入っていない
記載がありました。ZCLメンバーは完全に解散してしまったんですかね、気になります。

④その他・おまけ

search
「Web Merchant  Solution」として、企業の調査を3月21日に開始しました。Webで回答するアンケートですね。これを利用して決済サービスとしての「BTCP」を改良するための情報収集をする予定だそうです。

また、韓国の取引所「Bithumb
」のアンケートで、上場してほしい通貨にBTCPをぜひあげて欲しい!というツイートがありました。コミュニティの反応としては、BTCPではなく「CREDITS」という通貨を押していました…。コミュニティの盛り上がりはいまいちです…。やはりコミュニティは日本が絡まないと、盛り上がりに欠ける感じがしますね。

CREDITS公式Twitter

https://twitter.com/creditscom

いかがでしたでしょうか。
開発は進んでいるようです、それにコミュニティがついてくればさらにプロジェクトが加速しますね。あとは、やはり取引所ですね。
来週もご紹介させていただきます。
ありがとうございました。

コメント