KumaCoin 国産通貨 CRYPTOPIA 動物シリーズ

ku2
Kumaってこいつのことですか?
こんにちは、ノリヒロです。久々にCRYPTOPIAに上場している通貨についてご紹介してみたいと思います。

KumaCoin(KUMA)とは

目次
①Kumacoinとは

②KumaCoinスペック

③日本のコミュニティがすごい!

①KumaCoinとは

2014年4月29日に登場した国産通貨です。
モナコインと同じ、2chの「クマー」がモチーフなのでKumaCoinなのですね、知らなかった。こいつですね、Kuma-。英語じゃないですね、クマーか。
kuma3
CoinGeckoにもCMCにもデータがありません。
対応している取引所は
Cryptopia
もなとれ 
で確認が取れました。
ただ、もなとれですが、「仮想通貨法」の法規制で運営を継続できなくなるようです。Mt.Gox閉鎖前の2014年初頭より運営開始、古参の取引所だったんですね~。ペアもMONAが多いですね。20118年6月で終了のようです。残念です。
もなとれ交換所閉鎖について


②Kumacoinスペック

名前:Kumacoin  KUMA
アルゴリズム:Quark
タイプ:PoW+PoS 
コイン成熟期間:40日
ブロック間隔:90秒
難易度変更間隔:1ブロックごと
発行予定枚数  2,000,000,000枚
公式サイト:http://kumacoinproject.github.io/kumacoin/

アルゴリズムは、Quarkです。SHA-256は、数グループのマイナーに独占される可能性がありました。一部に独占された通貨システムは、BTC等が目指していた分散型の暗号通貨とは対立するものです。
そこで、GPUマイナー、ASICマイナーが対応しづらいアプローチが考えられました。それが、Quarkです。
Quarkは、複数のハッシュ関数を繋げて計算させるものでBlake,Groestl,JH,Keccak,Skein,BMWという6種類のハッシュ値を計算させるアルゴリズムだそうです。GPUに数多くの計算をさせることで、マイニングの手間&時間をCPUと調整しようとしたんですね。

公式サイトなどでも、特にロードマップ等はありませんでしたが、Monaコインと同じで、決済系通貨になりますかね。Quarkを使うことで、よりセキュアな通貨を目指しています。
ただ、元の開発者とか、ロードーマップとか、情報がほとんどありません。2014年当時の通貨はそんな感じなんでしょうかね。少なくともBitcointalkでは、人気はありませんでした…(ページ数2ページ)
Bitcointalk:https://bitcointalk.org/index.php?topic=585772.0

③日本のコミュニティがすごい!

あまりにも情報がないので、SNSを調べてみました。
Twitter:kumacoin

ohakkuam
「オハクマ」「オッハクマ」「オハハクマ」「オ..オハ..クマ」???
公式ツイですか?公式です???
あっ、クマだからこれでいいのか。でも日本語。さらに、クマーへの質問ができます。クマーもできる限り返信してます。質問してみたい方はこちらからどうぞ。
https://peing.net/ja/kumacoin

kumaaw
kumaa2

開発が止まっている状況とは対照的に、日本コミュニティは絶好調です。モナコインと被ってるのも理由としてあるとは思いますが、見ていて楽しいです。ということで、ノリヒロもフォローしました。

twittrer
前もツイートしましたが、こうゆう盛り上げ方も素晴らしいですよね。愛を感じます。
参照:@ohwagon (大ノ雪さん)Twitter記事

コミュニティでもりあげ(投げ銭なんかもしてますね!)その中から開発陣が出てきてWalletを修正したり、取引所に積極的にアプローチしていく。そのうちリブートして、モナコイン並みになるかもしれませんね!!ノリヒロも、KumaCoinを応援します!!ちなみに、KUMAcoinはCRYPTOPIAで買えますョ。(しっかりCRYPTOPIAも宣伝。)

本日もよいCryptoLifeを。
ありがとうございました。

コメント