CoinEx ルール解説 2019年6月 最新版 新アクセラレーター制度も

CoinEx 現行ルール一覧

2019年3月以降、様々なルール改定が行われています。そこで一度ルールを纏めます。今後はこの記事をアップデートすることでルールを追加、削除していきますので宜しくお願い致します。

なお、過去のルールに関してはこちらからどうぞ

CoinEx ルール解説 旧版 (マイニング、ロック、配当、上場、マーケットメーカーなど)一挙まとめ

更新内容
4/22 記事アップ、アクセラレーター、指値マイニング、CETの配分更新
4/24   アクセラレーター新制度【Subscription】更新
5/11 アクセラレーターLAMB実績更新
6/3     VIP制度、MM制度リニューアル更新
7/3  CET 四半期バーン数量更新
7/22 先物取引追加
8/5 アクセラレーターFTT 実績更新
8/6   アクセラレーターSPICE 実績更新
8/16 アクセラレーター BCH 実績更新

CoinEx 2019/08/06時点での施行ルール

①指値マイニング⇒4/26で終了 

②CETの流通量(バーン)

③VIP制度⇒06/03更新

④OTC(取引所を介さない取引) 

⑤マーケットメーカー制度⇒06/03更新

⑥OTC(取引所を介さない取引)

⑦公式アンバサダー

⑧アクセラレーター

⑨期間パートナー募集

⑩先物取引

⑪マージン取引

①指値マイニング(Ask&Mine CET)⇒4/26で終了

ポイントは指値注文の金額(単価)といかに約定近くで設定できるかです。
◆期間
2018/09/01   1:00~
◆内容 
100USD以上の指値注文(売買どちらでも可)を出す
約定はしてはいけない
A=買板で累積量が100USDに当たる部分の価格
B =売板で累積量が100USDに当たる部分の価格
Market Price = (A + B) /2
指値はMarket Price ±5%以内に置く
売り板買い板とも、指値の50番目が累積100USDTの価格より上(もしくは下)でなければならない

◆詳細
①全ペア対象として、指値注文を毎分スナップショットで記録
②買い指値、売り指値とも取引価格から近い指値順にTOP30までにポイントを付与
Bid = 売り指値 ASK = 買い指値
売り指値は、ポイント2倍獲得(買い指値と比較して)
(TOP1 30P ~ TOP30 1P、1ランクごとにポイント1減算・買い指値は2倍)
③毎日9時に総ポイントを集計、ポイントランキング上位100位までにCETで報酬
1日の総報酬額は取引マイニング基準値×10%
◆報酬例
当初は下記で計画。
取引マイニング量   指値マイニング報酬総額
~27億まで      100万CET/日
27億~36億まで    50万CET/日

2019.04.01現在では25万CET/日で推移しています。

TOP100までの報酬   CET換算
1位   基準値×10%  2.5万CET
2~4位  基準値×5%   1.25万CET/1ユーザー
5~10位 基準値×3%   7500CET/1ユーザー
11~20位 基準値×1.3%  3250CET/1ユーザー
21~50位 基準値×0.8%  2000CET/1ユーザー
51~100位 基準値×0.4%  1000CET/1ユーザー
◆備考
基本は注文金額の大きさ、同じ指値がある場合は、早く指値を置いた方がポイント上優遇される

追記4/22
4/26で指値マイニングは終了となります

②CETの流通量(バーン)

CETは現在はERC20トークンです。独自通貨へと移行(CoinExChainへ)する予定です。

◆初期供給内訳
初期発行量 100億
うち運営フリー(使用)分 50億
運営管理分 50億

◆4/1時点での供給内訳
発行量 約58.8億(第1~6回のバーン後。端数は除く)
21.5億 市場に配布済
36億 取引マイニング使用分
1.3億 運営保管分

◆4/19アロケーション(配分)更新

指値マイニング終了に伴いマイニング系イベントは終了。イベント用に確保していたCETが宙ぶらりんの状態となりましたので、運営が保管するCETを含めて、アロケーション(配分)を再構成しています。

4/22時点での発行量 58.8億
18億 CoinEx運営 マーケット拡大の為に使用。20%/年でアンロック(年初に解禁)
12億 CoinEx財団 CoinExChain&DEX構築に使用。都度アンロック
28.8億 現在の流通量。CoinEx運営がエアドロ用で使用できるフリー分を含む

 

◆バーン(買戻し)
バーンとは、市場に出ているCETをCoinEx運営が買い戻して、使えないようロックアップする(償却する)事です。一般的には、供給量が減るので、1枚当たりの価値が上がり、値段があがるといわれています。CoinExは、7/1時点で計7回のバーンを行っています。第1回~4回までは取引手数料収益の20%を、第6回以降は50%をバーンに回します。第5回は例外的な対応で、使用用途のないCETの大幅バーンを行いました。これまでのバーンの詳細はこちらです。なお、わかりやすくするため、100万単位で表しています。取得単価は参考値です。

第1回(7/1) 3800万CETバーン 四半期に1回実施&公表
第2回(8/1) 3000万CETバーン 毎月初日に実施&公表に変更
第3回(9/1) 1500万CETバーン 毎月バーン継続
第4回(10/1) 1100万CETバーン 毎月バーン終了
第5回(2019/02) 40億CETバーン 大規模バーン、例外
第6回(2019/04) 1700万バーン 四半期バーンが復活  取得単価  0.004USDT
第7回(2019/07) 1100万バーン 四半期バーン 取得単価   0.02USDT

今後は、四半期の取引手数料の50%を買戻し&バーンします。最終的に発行量が30億になるまで継続予定です。次回のバーンは10/1となります。

③VIP制度(2019/06更新)

2018年から実施されたいたVIP制度ですが、2019年5月にリニューアル。大幅に制度が改定されました。これからお伝えするのは新制度(2019年6月~)となります。

VIP制度とは取引手数料を割引き出来る権利です。KYCは必須です。旧制度では優待特典をCET支払い月額購入となっていましたが、新制度ではCET保有 or CET保有+30日の取引量で割引率が決定します。なお、割引はCETで手数料を支払う=手数料50%割引 をベースにさらに割引があります。逆に言うと、CETで手数料を支払わないとVIPの恩恵は受けられません


割引率です。VIPレベルはは①CET保有数 or ②CET保有数+30日間の取引ボリューム にて決定します。注意したいのは①か②のどちらかを満たせばOK…ということですね。例えば、2,000,000CETを保有しているユーザーであれば、CET保有数のみでVIP3、取引高ボリュームを加味するとVIP1~VIP5にまで該当する可能性があります。
CoinExの取引手数料は0.1%。Generalはデフォルト値(CETで手数料を支払う場合)で50%オフなので0.050%。最大割引のVIP5では、取引手数料は0.025%となります。
CET保有数、30日間の取引高把握は、毎日1時(日本時間)のスナップショット。2時に新ランクでの取引が開始となります。現在の自分の状況は https://www.coinex.com/my/info/level で確認ができます。

***************************************************
↓以下は旧VIP制度です。比較の為に残しておきます。
VIP制度とは、取引手数料を割引できる権利をCETで買う制度になります。
*過去アクセレーターでは、先行購入ができる権利(1時間早く購入ページにアクセスできる権利)が付与されていましたが、第3回以降は廃止されています。

◆参加条件
CETでVIP会員(VIP1~VIP3)を購入、月額制。
VIP1:200CET/月額
VIP2:5000CET/月額
VIP3:80000CET/月額

1か月、3か月、6か月、12か月、オート繰り越しと、購入単位を選べる。1か月は31日換算、購入日を起算日として即時適用。
例)7/31より6か月間のVIP3を一括購入する場合は、48万CETを一括前払い。適用期限は7/31~2019/2/2(6か月間となる。
◆適用条件
「CETで手数料を払う」場合に適用される。
◆特典
「CETで手数料を払う(手数料50%割引)」に追加で、更にランクに応じて割引がされる
VIP1:50%割引×20%割引 全体では60%割引
VIP2:50%割引×50%割引 全体では75%割引
VIP3:50%割引×80%割引 全体では90%割引

④OTC(取引所を介さない取引 8/3~)

OTCとは、Over The Counterの略です。取引所を介さずに個人間(企業間)で売買ができます。そのプラットフォームをCoinExが用意しています。主に仮想通貨取引が規制されている中国ユーザー向けの仕様ですが、相場を崩さずに大口取引をしたいユーザーにも向いています。ただ、取引所価格よりも割高、もしくは割安に設定されている場合が多いです。

◆参加条件

買主:KYC(本人確認)が必要
売主:KYCとCoinExによる審査。また、50,000CETを保証金としてCoinExに預ける必要がある
買主、売主とも決済方法にAlipay、銀行カード(中国国内のもの)、WeChatの3種類のどれかを指定
◆詳細
①第1段階は、USDT、BTC、BCH、ETHの取引開始
②個人間で売買後、買主からの支払いがあるまで、売主の売却した通貨はCoinExが保管しておく
③決済確認後、買主のもとへ通貨が移動
④安心して取引をしてもらうために、CoinExはカスタマーサポートを充実させている
⑤スタート特典として、OTC取引の手数料無料、売主は広告を掲載可能
OTC

OTC用の画面です。言語を”中国語”にする⇒OTCの説明ぺージからのリンク(https://otc.coinex.com/ )から進みます。

左側の「↓购买」は買い板、右側の「↑出售」は売り板と文字からは解釈できますが、少しここは疑問が残るところです。買い板の単価のほうが売り板の単価より高い場合があるので…。もしかしたら、大口取引の場合はディスカウントがあるのかもしれません。単価はあくまで参考ということなのかもしれませんね。

商家:売主/購入希望主
30天静成単/完成率:30日間での成約率?
数量:出品されたトータル数量
放行时间:出品されてからの経過時間
限額:最低購入額?
単価:単価(CNY、人民元)
支付:支払方式(AliPay、WeChat、銀行の3つのアイコンあり)
操作:購入のボタン

画面の表示はこんな感じと思われます。
なお、出品されたトータル数量がすべて売り切れる(100%)になると、このリストから消えるので一概には取引が盛んかどうかの判断はできませんが、板がたくさんあれば、一応の目安になるかと思います。過去には取引マイニングと同じ、OTCマイニングというものが行われており、ランキング形式でCETを付与していましたが、現在は対応はありません

⑤MM(マーケットメイカー)制度(2019/06更新)

VIP制度同様、2019年6月に大幅にシステムが変更となりました。旧MM制度では最低取引高が100万USD以上でランキングを作成、上位からディスカウント特権が付与される仕組みとなっていました。新制度では指値マイニングに似たシステム、Market Making Credits(指値ポイント)を採用。文字通りマーケットメイキング(指値を並べる行為)にポイントを付与し、その30日間のポイント+30日間の取引高によってLV1~LV5までが決定します。

VIPと同じようにGeneralの手数料は0.050%。LV1~LV5までランクがあり、最大LV5では、CETを手数料支払いとして使った場合ではTakerの手数料は0.005%(通常手数料の20分の1)、Makerに至ってはゼロとなります。ただLV4,5は通常取引をする上では現実的ではありませんね…個人ユーザーであればVIP制度のお世話になるものと思われます。こうゆう制度があるんだ…くらいの認識でOKかもしれません。なお、MM制度に関しては手数料としてCETを使用しなくても適応があります。

 

********************************************
↓以下は旧制度です。参考のため残しておきます
MarketMaker(マーケットメーカー制度)とは、取引量をランキング形式にして取引量の多い順に取引手数料割引を優遇する制度です。大口を引き込み、ある程度の取引量を確保する狙いがあると思われます。
◆参加条件
1,000,000USD以上の資産保有
KYC必須
参加申請をして許可が必要
◆内容
①「CETで手数料を支払う」前提で、50%割引を更に割引
LV1 50%割引 全体で75%割引
LV2 20%割引 全体で60%割引
LV3 10%割引 全体で55%割引
手数料割引はTaker(成行注文時)に適用。Maker(指値注文時)は全LV無料
申請が通れば、まずはLV1からスタート
②LVは入替制。ランキング板を公表して順位確認可能。
ランキング板は、毎週日曜日24時(香港時間)(日本時間では月曜日1時)に前週分を計算して更新される。
ランキング上下の詳細
取引量1位~10位 or 各ペアの取引量1位   翌週はLV.3
取引量11位~30位 or 各ペアの取引量2.3位  翌週はLV.2
2週連続で各条件を満たさない場合は、ランキングダウン
注)申請許可後レベルが付与されると、VIP制度は利用不可

CET手数料支払い時に、割引率を増やす機能では、VIP制度と似ています。ここでVIP制度とマーケットメーカー(以後MM制度)の違いを確認してみます。

◆有料か無料か
VIP制度:有料(VIP1~3で月額が異なる)
MM制度:無料(申請&審査はあり)
◆割引期間
VIP制度:基本1か月単位(追加料金で延長可能)
MM制度:ランクの上下はあるが、基本無制限
◆割引率(CET支払い時の手数料から)
VIP1:60%割引 MM,LV3:55%割引
VIP2:75%割引 MM,LV2:60%割引
VIP3:90%割引 MM,LV1:75%割引

全体的に有料の分、VIPの割引率が高いですね。有料ですが、VIP3の90%割引は魅力的ですね。MM制度に関しては、無料になりますが厳しい序列がありランキングが上下します。マーケットメーカーは申し込みにまず100万ドルが必要になるのでハードルが高い。ほとんどのユーザーはVIPを使用する事になりそうです。

⑥OTC(取引所を介さない取引・相対取引 8/3~)

OTCとは、Over The Counterの略です。取引所を介さずに個人間(企業間)で売買ができます。そのプラットフォームをCoinExが用意しています。主に仮想通貨取引が規制されている中国ユーザー向けの仕様ですが、相場を崩さずに大口取引をしたいユーザーにも向いています。ただ、取引所価格よりも割高、もしくは割安に設定されている場合が多いです。

◆参加条件

買主:KYC(本人確認)が必要
売主:KYCとCoinExによる審査。また、50,000CETを保証金としてCoinExに預ける必要がある
買主、売主とも決済方法にAlipay、銀行カード(中国国内のもの)、WeChatの3種類のどれかを指定
◆詳細
①第1段階は、USDT、BTC、BCH、ETHの取引開始
②個人間で売買後、買主からの支払いがあるまで、売主の売却した通貨はCoinExが保管しておく
③決済確認後、買主のもとへ通貨が移動
④安心して取引をしてもらうために、CoinExはカスタマーサポートを充実させている
⑤スタート特典として、OTC取引の手数料無料、売主は広告を掲載可能
OTC

OTC用の画面です。言語を”中国語”にする⇒OTCの説明ぺージからのリンク(https://otc.coinex.com/ )から進みます。

左側の「↓购买」は買い板、右側の「↑出售」は売り板と文字からは解釈できますが、少しここは疑問が残るところです。買い板の単価のほうが売り板の単価より高い場合があるので…。もしかしたら、大口取引の場合はディスカウントがあるのかもしれません。単価はあくまで参考ということなのかもしれませんね。

商家:売主/購入希望主
30天静成単/完成率:30日間での成約率?
数量:出品されたトータル数量
放行时间:出品されてからの経過時間
額:最低購入額?
単価:単価(CNY、人民元)
支付:支払方式(AliPay、WeChat、銀行の3つのアイコンあり)
操作:購入のボタン

画面の表示はこんな感じと思われます。
なお、出品されたトータル数量がすべて売り切れる(100%)になると、このリストから消えるので一概には取引が盛んかどうかの判断はできませんが、板がたくさんあれば、一応の目安になるかと思います。
◆8/20 OTC版取引マイニング(取引高コンペ)開催
期間 8/25~6か月予定(期間終了後の延長は留保)
内容 OTCの取引高をメインに、1分ごとにスナップショット
TOP20に順位に応じて加点する
各日1時に点を集計、TOP20位までに総額20万CETを毎日付与
1位 20,000CET 2,3位 15,000CET 4~10位 10,000CET 11~20位 8,000CET
通貨 BTC、BCH、ETH、USDTの4通貨(USDTはポイントが2倍)
6か月間、総額3600万CETの付与になります。
同時開催 新規OTC参加者ボーナス
内容 OTCに新規参加者で、1000CNY以上の取引をしたユーザーに100CET付与

◆8/27 OTC版取引マイニングルール改定
内容 決済方法に「銀行支払登録」がないユーザーは、取引マイニングに参加できない
理由 クレジット決済を悪用して、支払いをせずにポイントを稼ぐ不正が行われたためと思われる

⑦公式アンバサダー

ammbasadar
世界各地でCoinExを宣伝してくれる公式のアンバサダーを募集しています。
◆条件・活動内容
①10,000CET以上保有
②ブランド構築、マーケティングでCoinExを支援
③CoinExのコンテンツを世界各地で宣伝
④HP翻訳の支援
⑤新規ユーザー開拓の活動に参加
⑥KOL(インフルエンサー)やコミュニティ運営経験があれば優遇
◆報酬1
通常招待報酬が20%のところを条件に応じて最大30%まで引き上げ
招待人数(月)/CET保有量/それぞれの条件を満たした場合の招待報酬
50人/20,000/25%
100人/30,000/28%
200人/50,000/30%
例)招待人数が50人/月、CET保有が20,000に到達した場合は、それ以降招待報酬は25%
*特に記載はありませんが、招待人数カウントは月ごとにリセットされます
◆報酬2
①公式証明書の発行、名誉バッジの付与
②質の高いコンテンツは公式チャネルで公開
③オン、オフ関わらず公式イベントへの優先参加権
④新機能、新製品を発表前に優先的に体験できる
◆申請方法
①アカウント名、SNSアカウント名を記載
②自己紹介とコミュニティ運営経験の有無を記載
③sns@coinex.com へメールで申請
◆アンバサダー就任後の流れ
otamesi

就任後1か月は、お試し大使という扱いになる。翌1か月の間に
①最低50名以上の招待
②10000CETの保有
③CoinExの誤訳がないか注意する事
④自国の仮想通貨状況のレポートを提出すること
⑤ASKBiDマイニングの紹介レポートを作成するとポイントが高い
などをこなして、CoinExからの承認が得られれば、晴れて正式アンバサダーとして認められるようです。難易度高そうですね。

⑧アクセラレーター

2018年7月以降、CoinExは他取引所に先駆けてアクセラレーターというIEO(initial Exchange offering )を行っています。第1弾BTUは第2弾VIATでした。少し間が空いてしまいましたが、2019年4月にアクセラレーターが復活。第3弾SEELE、第4弾NNB までが決定しています。参加方法を説明します。

第4回NNBから、アクセラレーター(IEO)と取引開始(上場)の間に【セカンドサポート】というステージが追加となりました。これは、アクセラレーターに諸事情(主に法律)で参加できない国や地域に向けてCoinExが用意したもので、アクセラレーター第2ステージの意味合いです。

①アクセラレーター
<スケジュール> 開始1時間前までにKYC+50,000CET保有+購入の際の注意事項に署名(アクセラレーターページにあります)。開始時間後、購入ページへ移動できる

アクセラレーターページです。下の部分の【Requirement】の左から3つ目まで(ID Verified, CET Holdings, Sign the contract)を入札時間までに【Verified(緑色のレ点)】状態にしておく必要があります。(添付画像はIDVerifiedのみチェック)<条件> IEOに参加できる国 + KYC + 50,000CET保有 + アクセラレーター開始後のテストに全問合格(先ほどの画像の右端の【Answer question】からテストに進むことができます。アクセラレーターに関する質問5問、CoinExに関する質問5問の計10問です。間違えても何度でもチャレンジできます。)
なお、購入数量は基本的には1シェアのみとなります。下記購入画面の【量】部分のシェア空欄の部分に【1】を入れます。隣の3750CETはアクセラレーターによって数字が異なりますが、基本的にいじる事はありません。

販売数量・販売価格は事前に決定される。(セカンドサポートよりも安い金額)
備考 1アカウントで購入できるのは基本的に1セット
②セカンドサポート
条件 KYC (IEOに参加できない国もOK)・アクセラレーターで購入できないユーザーも購入可能
場合によっては、CET・USDTなどのホールド数で購入枠(シェア)を増やすことが可能販売数量・販売価格は事前に決定される
備考 通常の取引板が解放。運営が指値で売り板を立てるので、それを購入する形となる
下記画像のように運営が売り板を立てます。
③招待報酬の追加特典(アクセラレーターによってあったりなかったり)
期間  アクセラレーターアナウンス~アクセラレーター開始まで
内容 期間中、招待(KYC込み)人数を増やすことでアクセラレーター&セカンドサポートの購入可能ロット数を上乗せ
2~5名 +1ロット追加
5名以上 +2ロット追加また、期間中は招待人数でランキング。TOP200までには報酬がある。TOP1~TOP5まではCET、以降TOP200まではNNB。総額60万CET+400万NNB注意)招待報酬追加特典で最大購入できるのはアクセラレーターとセカンドサポート込みでMAX3ロット。どちらにどのように振り分けるかはユーザーが選択する事ができます
これまではアクセラレーター銘柄はCETペアで上場、その後時間差でBCH/BTCペアで上場となっています。
これまでの実績
第1回BTU
第2回VIAT
第3回SEELE   アクセラレーター12秒完売 収益率550%
第4回NNB アクセラレーター83秒完売 セカンドサポート5秒完売 収益率400%
第5回LAMB 新制度Subscription 抽選4.5倍(当選確率22%)収益率325%
第6回FTX Subscripiton  抽選2.5倍(当選確率40%)無料で購入可能、実質エアドロ  54USDT/1チケット
第7回SPICE  Subscription  抽選2.9倍(当選確率34%)収益率650~750%
第8回BCH    Subscription   抽選86倍(当選確率1.2%)収益率400%
第9回CKB Second supportで不正、翌日Subscriptionへ変更 抽選1.2倍(当選確率83%) 収益率
コールオプションのリスクヘッジ付
4/24 追記
第5回アクセラレーター LAMBより、新制度【Subscription(申請制度)】が追加となりました。
具体的にはBinanceのローンチパッドと同じ抽選方式になります。ユーザーはCET&CoinExの指定するトークンを一定期間保有して抽選券を獲得、見事当選すればIEOの権利を取得でき購入が可能となるシステムです。これまでのアクセラレーター、セカンドサポートと併存はしないようで、第5回に関してはSubscriptionのみの開催となっています。
参加方法
①KYC
②テストに回答(アクセラレーターのテストと同じ)
③CET一定期間保有&対象通貨を指定時間までに保有
抽選券はCETの一定期間保有量&対象通貨の保有量によって配布される枚数が異なります。

第5回アクセラレーター LAMBを例に挙げます。CETを保有する期間は5日間。期間内での最小保有量が上記表の”X”に当たります。期間内に一度でも0にしてしまったらCETの保有量はゼロとしてカウントされてしまうという事になりますね。
例)ホールド期間3日間、それぞれのスナップショット時に 3000, 15000, 27000を保有していたとすると、基準値は3,000となります。
またLAMBの保有量に関しては、一定の期日にスナップショットを撮ります。その際の保有量が”Y”に当たります。XとYの保有量によって抽選券の割当が決まります。最大で6枚のチケット(CETで3枚、LAMBで3枚)が付与されます。指定日時に抽選がされ当選者には該当通貨が購入する権利が付与されます。基本的にはアクセラレーター後30分で取引板が解放されます。

⑨機関パートナー

insui
よいプロジェクト(通貨)を上場させるためのアドバイザーを募集しています。
◆条件
①500万CET以上保有
②ブロックチェーン投資、育成に実経験あり
③事務所所在地の法令に準拠して運営されている
◆特典
①上場プロジェクトの優先推薦権
②上場の会議へ参加できる
③CoinExCapitalの構築に参加できる
◆申請方法
①名前、事業所、HP、コアメンバーリスト、投資しているポートフォリオ、これまでに参加したプロジェクトなどを記載
② labs@coinex.com へメールで申請

 

⑩先物取引

2019年6月にCoinExでもデリバティブの1つ、先物取引が開始となりました。今回はBinanceの取引所トークンBNBを例に説明します。

CoinExの先物取引は、返済期限のついたマージン取引のような扱いです。レバレッジは通貨ごとに異なります(BNBは5倍)。通常のウォレットとは別に先物用の口座があり、その口座にUSDTを移動させて売買を行います。

先物用口座の画像です。USDTで各通貨を借りて期日到来で必ず通貨を返却しなければならないので、例えばBNBの入金、出金という概念はありませんし、ウォレットにBNBの表記もありません。先物対応通貨には”F-“というイニシャルが付きます。先物口座への移動も含め、取引には手数料がかかります。その際、CETでの支払いにしておけば手数料割引がされます。

【ご送付】→現物口座から先物口座への移動
【通貨貸付】→レバレッジを利用した通貨の貸し出し
【通貨返済】→借りた通貨の返却
【取引】→取引板に移動

それでは取引の流れに進みます。

①USDTを現物口座→先物口座に移動する

取引板の【ご送付】を選択します。


売買の送付先を選択します。真ん中の⇔で、送付先と受け取り先を変更できます。最後に移動する数量を背入力します。全数移動の場合は、送金可能の数字(今回は64.66)の部分を選択すれば全数入力となります。最後に確認を押して移動完了です。

 

②通貨貸し付け(通貨を借りる)

移動したUSDTをもとにレバレッジ5倍の取引ができます。
・返済期日にBNBの価格が上がる(ロング)と考えた場合
⇒この画面でUSDTを借りる
・返済期日にBNBの価格が下がる(ショート)と考えた場合
⇒この画面でBNBを借りる

③取引を行う

用立てた通貨に従って取引を行います。
・返済期日にBNBの価格が上がる(ロング)と考えた場合

⇒借りたUSDTでBNBを購入。期日までにBNBを売却してUSDTに戻して返却
⇒差額が利益に

・返済期日にBNBの価格が下がる(ショート)と考えた場合
⇒借りたBNBを売却してUSDTを購入。期日までに返済分のBNBを買い戻して返却
⇒残ったUSDTが利益に

基本的には返済は期日以内であれば任意で行うことができますが、強制返却の場合があります。いわゆるロスカットです。取引画面中央にある【リスク比】【清算価格】が参考になります。レバレッジによりますが、BNBの場合はこのリスク比が105%を下回るとアラーム、102.5%を下回ると強制返却となります。パーセンテージだとわかりにくい場合には、それに対応した清算価格が表示されており、清算価格を下回ると強制返却となります。体感では常時150%は維持していきたいところです。

 

④通貨を返却する

借りた通貨を返却します。返却する通貨・数量を指定して確認を押すと返却完了。返済すべき数量が0であることを確認しましょう。
利確した場合は、USDTを先物口座→現物口座に移動します。

 

⑪マージン取引



レバレッジ取引(マージン取引)は、期限のない先物取引のような扱いです。レバレッジアカウントへ資金を移動、通貨ごとのレバレッジに従い貸し借りを行います。なお、借りた金額によって1日にかかる費用(手数料)が異なります。50BTC未満であれば初回30日間は1日0.05%となりますので比較的借りやすい印象です。その後は、時価レートによって手数料が決まります。


取引板には【×】のタブがあり、マージン取引対応の通貨を選別することができます。ティッカーの隣にある数字がレバレッジです。取引量があるBTC,ETHは×5、そのほかは×4、×3となっています。

 

ちょっとCoinExに興味がわいてきた方へあなたへ

CoinExはこちらから登録できます

コメント