【Zclassic】脅威の1日マイナス1000% 時価10分の1に

わずか半日で時価が10分の1になる。これが草コインの怖いところだ…。こんにちは、ノリヒロです。2月28日~3月1日にかけて大暴落となったコインがあります。以前もCRYPTOPIA対応でご紹介したZclassicです。

Zclassic大暴落

目次
①概要

②2月28日~3月1日での大暴落

③今後どうなるのか

①コイン概要

コイン名     Zclassic  ティッカー ZCL
最大供給量    21,000,000ZCL
システム Equihash
Zcashからハードフォークしたコインです。
匿名通貨であり、【ゼロ知識証明】を取り入れています。

当初、2018年初に新通貨 BitcoinPrivate(BTCP)
へのハードフォークが延期、2月28日~3月1日にかけて行われる予定となりました。BTCとZCLが1:1の割合で付与されるので、割安なZCLを買う動きが高まり、一時的にZCLが高値取引されていました。

②2月28日~3月1日での大暴落

やって参りました2月28日。
配布方法としては、3月1日のある瞬間のスナップショットを判別して、後日付与するとのこと。5ch内では、ハードフォークした後のZCLの価格、価値に注目が集まります。BTCPをもらうためだけにZCLを購入したのであれば、スナップショット確定後、高値のうちに売りたいでしょう。スナップショットの時間も錯綜しています。具体的には3月1日2時超えての最初のブロックが発見されるまでが期限だったんですかね。大きな取引所は、Bittrex、Cryptopia、CoinExchange。この取引所間のアビトラも気になるところ。

いよいよ3月1日になりました。
z2

2月28日中は0.01~0.0125を推移していました。
3月1日以降(赤文字部分)、ガン、ガンと落ちていきます。スナップショット確定しているかどうかもわからない中で売りが入っている状況はカオスですね。仕手(DUMP)でもこのくらいの勢いの下落は最近ありませんのでびっくりしました。チャートは1時間足で表示しています。

約半日で0.012⇒0.0012、約10分の1に落ちてしまいました。BTC換算だとあまりピンと来ませんが、12000円が1200円になったと思うと、ひどい下落ですよね…。取引所の中で、CRYPTOPIAが一番の下落となっています。やっぱりスナップショット後の売りが先行したようです。ZCL自体も悪くない機能を持ったコインだと思うのですが…。

③今後どうなるのか?

今後ZCLの扱いはどのようになるのでしょうか。
現在わかっていることは、BTCPは3月2日以降付与される予定だということです。BTCPの価格次第でZCLの価値も決まりそうですね。ZCLもZcashのハードフォーク、かつZcashよりも性能がよいとなると、これ以上下落しないでほしいと思いますが…。
ノリヒロは0.02btcで高掴みして、何も出来ずに現在に至ります…。おい、なんとかあがってくれえ~。
本日もよきCryptoLifeを。
ありがとうございました。

コメント