CET CoinEX 9/2 速報 指値マイニング初日 バーン公表 BCH⇒BSVのフォークへの見解公表 BCH急騰

CET CoinEX 9/2 速報  指値マイニング初日の結果 バーン公表 BCH⇒BSVのフォークへの見解公表。こんにちは、ノリヒロです。9月に入った途端に情報が増えて嬉しいやら書ききれないやら。急すぎやしませんか、CoinEx様…。

①CoinEx予測&実績

cet2
cet

9/2  9:00時点(前日比)
配当率 予測 0.22%(同値)
マイニング 1121万CET(121CET↑)
指値マイニング除く 1021万CET(21万CET↑)
9/2のDifficulty    3.35CET/時
ロック 23.4億CET(1.4億↑)

指値マイニングが始まり、取引マイニングページも大幅更新。マイニング量が増えていますが、これは指値マイニング量が増えたからですね。指値マイニング量は毎日固定の100万CET。ですので8/31までの指標で比べると21万CET増、ほぼ横ばいという事になります。
これまで)
総マイニング量(CET)=取引マイニング量+OTCマイニング量
9/1以降)
総マイニング量(CET)=取引マイニング量+OTCマイニング量+指値マイニング量

bann
また、CETの価格が急落。6150(BCHペア)の1000万CETの買い板も崩壊。一時は6000付近まで行きましたが、6000の壁が守ってくれました。現在は6200付近で推移しています。
ロック数量は1.4億ふえましたが、これはおそらく前日の集計ミスと思われます。それでも4000万CETほど減っているんですが…。

9/2  11:00実績更新
cetcet
配当率 0.19%
マイニング 1121万CET
Difficulty 3.35CET/時

Difficultyが3.35と落ちました。これは取引マイニング量が1121万CETと伸びたからです。この計算でいくと、指値マイニングのデイリー報酬100万CETも、取引量の基準値1000万CET/日にふくまれる形となります。ということは、本家取引マイニングをしているユーザーが不利になると思うのですが…。

②配布通貨

本日の配当は4通貨。BCH、BTC、CET、USDTの通貨で付与されました。

③24h取引量、取引所別順位、イベント

cmc
cmc2
CoinMarketCap24h取引量(前日比較
順位 10位(同値)
取引量 $3.38億(0.29億↑)
CETの取引量    $0.30億(0.03億↑)

◆取引所TOPランカー(Binanceなど)の取引量は前日比で10%増となっていますが、それにお付き合いした形です。ですが、その要因はBCH/USDTの取引量の60%増がメインとなっています。CETの取引量もBCHペアで上昇。ほかの通貨はヨコヨコか少し下がっています。ちょっと心配ですね。
通貨別では、DASH、Zcash、Moneroと匿名通貨が健闘していますね。元気だったHydroはランク外となってしまいました…。良くも悪くもHydroは波が激しいなぁ。

vote
vote
◆次に上場投票の状況です
第2審査待ちの通貨は15種類。HAND(得票数1010)が新たに第2審査に進みます。上場落選通貨はありません。

◆新規登録&アプリ版顔認証(アドバンス認証)をして100CETをもらおう!キャンペーンが始まっています。

スマホ・タブレットからアプリをダウンロード。新規登録+KYC+顔認証完了で、100CETが無料でもらえます。パスポート+顔認証あり…とセキュリティを高めて不正登録を防ぐ意図があるんでしょうね。無料で100CETもらえれば、そのまま配当に使えますので、まだKYCされてないユーザーの方はぜひKYC、顔認証をしてみてはいかがでしょうか。

◆9/1 21時~24時にかけて、BCHでストレステストが行われました。
ストレステストは、運営自らがBCHのトランザクションを意図的に高めて、どのように処理がされるのかを検証するという事ですね。クレイグ博士による警鐘がありましたが、ストレステストは悪意のある攻撃を誘発する可能性がある⇒最悪の場合資産を失う⇒BCH基軸のViaBTC、CoinExから資金は退避させたほうがよい、、、ということなんでしょうかね。
BCH

実際、18時30分ごろ~23時までアクセスしづらい状況が続く(internal errorが出まくる)ことに。一部にはやはり攻撃を受けたのでは?などと噂もたちましたが、真偽は不明。ほぼ同時期にBCH謎の大暴騰。前日比で最大約25%も上昇。CoinExユーザーにとってはとても痺れる(疲れる)展開となりました。

◆指値マイニング実装に伴い、マイニング画面が大幅に変更されました。
マイニング
指値マイニング(AskBid Mine CET)項目、Refferral Rewards(招待報酬)項目の追加がありました。全体的に窮屈になった感はありますが…この1ページでCETに関する情報へのリンクがまとまっているのはわかりやすいですね。
大幅変更に伴い、(?)の注釈が増えました。この注釈も少し文言が変わっていますので、これまでとは計算の方法、集計の方法が異なっている可能性があります。
例)
ろっく
ロック総量=取引マイニングロック量+機関パートナーロック量

指値
9/1の指値マイニングのランキングTOP10です。1位だけ桁が違いますね。2位と約2倍のポイント数となっています。これだけ差があるということは…どこかにポイントを稼ぐ裏技がある可能性を邪推してしまいますね。

BCH⇒BSVのフォークに関してCoinExが公式声明を発表しました。

 

フォークの対応は行うということが、今のところの結論です。BTCとBCHの歴史はあまり詳しくないのですが、それでもここ1年~2年のことですよね。暗号通貨界のスピードの速さに驚くばかりです。とはいえ、二転三転する可能性がありますのでホルダーの方は逐次チェックが必要ですね。

◆9/3に第5回AMA(運営になんでも聞いて)、WWB Wowbit登場

明日9/3のAMAに上場したばかりのWWBが登場します。AMAとは(Ask Me Anything)の略で、ユーザー(コミュニティ)とプロジェクトとの交流を図るのによく使われています。これまでのAMAは下記になります。

第0回 CoinEx CEO haipo Yang氏
第1回 Hydro
第2回 BBN(Banyan Network)
第3回 LFT(Linfinity)
第4回 CNN(Content Neutorality Network)

ブログ内でもそれぞれ別に記事にしておりますので、興味があるあなた!お手数ですがブログのカテゴリ欄【AMA(なんでも聞いてみよう詳細)】からお進みいただければと思います。Haipo氏とのやり取り、Hydroとのやり取りは特に見どころがありますよ~。

◆9/1 第3回バーン報告・月次報告

CoinExは、月はじめに「月次報告」+「バーン報告」を続けて報告します。ですので、月次報告のアナウンスが来たら、まもなくバーン報告もくるな!と思ってもらってよいです。
月次報告では、韓国語、インドネシア語の対応追加予定が発表されました。また、8月度のロックは1500万CETとなりました。第2回と比べると少ないですが、8/14に公表された取引マイニング基準値の変更(2000万CET/日⇒1000万CET/日、取引マイニングができる量の制限)で手数料収入が減ったこと、買い戻す際のCET単価が上がったことなどが挙げられます。悲観する数字ではないですね。次のバーンは10/1です。

9/2のイベントは、今のところ特にありません。9/3にはWWBのAMA&取引高コンペ開始となります。最近は公式アナウンスが少なかったので、モチベーションも落ち気味でしたが…このくらい情報量があるとユーザーも心強いですね。たくさんの材料を期待します!!

いよいよ始まる指値マイニング、ルールをおさらい
CoinEx ルール解説 最新版 (マイニング、ロック、配当、上場、マーケットメーカーなど)一挙まとめ

アプリ版KYC&顔認証、新規登録をしたいあなたへ…

CoinExはこちらから登録できます

コメント