新規取引所BHEX 話題のGRIN BEAMも上場済 独自トークンBHTもあるよ

CoinEx・Hydro・BHEX デイリー情報 (2019年3月~)

新規取引所BHEX 話題のGRIN BEAMも上場済 独自トークンBHTもあるよ。こんにちは、ノリヒロです。今回はまだ出来立てほやほやの新興取引所 BHEX をご紹介します。

①BHEXとは

 2018年の12月にオープンしたばかりの半分散型取引所(DEX)です。【半】というのは、完全なるDEXではなくトランザクション部分(負荷がかかる部分)を中央型にすることで、中央集権、分散型の両方のいいとこどりをした、いわゆるHYBRID型取引所として誕生しました。
公式Twitter:https://twitter.com/BHEXOfficial
英語版テレグラム:https://t.me/BHEX_EN

日本語版テレグラム:https://t.me/BHexJapan

BHEXの素晴らしいと思うところを上げていきますね。

①マルタの法律に準拠
これは非常に大きいですね。取引所も企業である以上、各所在地の法律に従う事になります。日本もそうですが、中国、アメリカでもさまざまな規制&緩和がありその度に市場が動く光景が見られます。企業側としては…ブロックチェーン、仮想通貨に関して協力的な国の方がよいのはもちろん。そこでマルタです。言わずと知れたBinanceが本拠地を構えるブロックチェーン島ですね。国からの後押しを経て取引所運営ができるわけですから、期待せずにはいられません。
②BEAM・GRINがすでに上場している

現在主流の匿名通貨と言えばMonero,Zcash,Dash(Dashは少し意味合いが違うが)ですが、この3強を脅かし追い越してしまう可能性を秘めた、Mimblewimble(ミンブルウインブル)プロトコルを実装するGRIN,BEAMが既に上場しています。これまでの通貨は情報を持ったトランザクションを、リング署名、ステルスアドレス、Zk-SNARKsなどの後付けプロトコルで匿名性を実現しようとしていますがそれぞれ負荷が大きく、負荷軽減に苦心しています。その点ミンブルウィンブルは乱暴に言えばトランザクションにそういった情報を載せません(厳密には小さいUTXOをのせますが)。トランザクションに情報がないわけですから、探りようがないのです。最強の匿名通貨と呼ばれる可能性が高いですね。

現在のBeamマーケットです。あれ?BHEXがないじゃない?そうなんです。まだBHEX自体、大手検索サイト(CMCやCoingecko)に登録がありません。もちろん後述するBHTも。それなのに既に2019年匿名通貨いちおしが上場しているBHEX、すごいですね。気付いた時には…もう上位にいる…という可能性を秘めています。ちなみに別の検索サイトでは取引高ランク121位、取引高は200万ドル/24hとなっていました。既にCoinExを抜いているじゃないの~。
③CEOは元Huobi のCTO。提携企業も優秀
こちらがBHEXのCEO James JU 氏です。金融業界で豊富な知識を持ち、暗号通貨、ブロックチェーンにも精通しています。HuobiのCTOも務めていた剛腕ですね。また、James率いるチームも、Google、テンセント、Biadu、Alibabaなど世界を牽引する名だたる企業出身の猛者ばかりのようです。提携・出資を受けている企業一覧です。Huobi、OKex、DHVC(denhua Capital)など複数の企業から出資、提携を受けています。まだ始まったばかりの取引所にしては異例ですね。
④既にOTC取引所がある
この点もポイント高いです。OTCとは(over the counter:相対取引、取引所を介さない取引)として定義されています。中国本土では仮想通貨取引所は禁止となっています。そこで生み出されたのがOTCです。やり取りはユーザー同士で行ってね、その場所だけを提供するよ…ということですね。中国圏では主流ですが、上場後間もないですが既にこちらが設置されています。長期的に取引所を運営していこうという意思が感じられます。
⑤UI,UXがよい!

取引画面です。Binanceに寄せている感じではありますが、非常に見やすいですね。左のサイドバーの通貨検索(フォントを大きくしているところ)とかもわかりやすいです。GRINの黄色はいつも映えるなぁ~(笑。
いかがでしたでしょうか。少しはしょりましたが、これだけでも取引所として成熟している感があります(笑。

②取引所トークン BHT (Brue Helix Token)とは

少し旬は過ぎた感のある取引所トークンですが、BHEXにも取引所トークンとしてBHTが準備されています。

名前:BHT  BHEX Token
タイプ:ERC20
発行量:21億
価格:1BHT=1/85000BTC(1176satoshi)
キャンペーン、ポイントカード等で配布も

ERC20で発行数は21億(参考としてBNBは2億)。発行枚数は取引所トークンとしては多くなく、少なくなく、ちょうどよいですね~。

21億の内訳です。
①10%(2.1億)機関投資家 (0.21億/10%はすぐリリース、残り90%2年でリリース)
②10%(2.1億) エンジェル投資家(4年ロック、25%/年でリリース)
③15%(3.15億)ユーザーへのエアドロ分
④10%(2.1億)リスク管理用(BinanceのSAFUのような)。状況でアンロック
⑤20%(4.2億)運営・オペレーション 4年ロック(25%/年でリリース)
⑥35%(7.35億)戦略運営資金(パートナーシップ、運営拡大資金)4年ロック(25%/年でリリース

 

BHTの使用用途ですね。
①手数料収入の80%をBHTの保有量に応じて配布
②万が一の補填対応?(←この詳細は不明)
③Bluehelix(BHEX)の構成メンバーとなる選挙に参加できる。もしメンバーになれば活躍に応じて報酬あり
④3番の投票権
⑤エアドロへの参加権
(③と④は詳細未確認)

手数料の80%を還元というのは大きいですね!しかも保有量に応じてという事は、先に保有できる状況にあった方が有利という事になります。


現在BHTは0.02ドル(約2円)で取引がされています。まだまだ始まったばかりの取引所、及び独自トークンとしてはしっかり動いていますね~。

③ギルドがある


ユーザー通しのコミュニティとして【ギルド】があります。ギルドはSNSのような使い方はもちろんのこと、コミュティメンバーの活動によって個別に付与される【GTP】というポイントをギルドごとに集計して競わせています。GTPの数に応じて、BHTトークンの追加エアドロ等もあります。積極的に活用していきたいですね~。


現在のギルド状況です。TOP5まで公開されています。NO.4以外は全て中国名のギルドですね。NO.4の”otokogumi-bhex”ギルドは日本の先駆者【ながやまんさんのギルド】になります。
後程登録方法&ギルド入会方法をご案内しますが、もしご登録いただける際にはぜひこちらのギルドへ入会お勧めします。わからないことも、日本語で聞けるのは大きいですね!

④登録方法


まずは登録画面へ移動します⇒登録画面へ
Enter email:登録Email
Enter password:パスワードの設定
Confirm password:パスワードを複写
Enter the verification code:「Send code」で登録Emailアドレスへメールが届きます。記載された数字を記入
Invitation code:既に記入がある場合はそのままでOKです(ノリヒロの招待コードです)
□チェックボックスにチェック
その後、Sign upを行います。これで登録完了です。

 

アカウント各種設定(2段階認証、KYC等)はTOP右上、登録メールアドレスのタブ⇒【User Center】でクリックできます。

真ん中下【Google Authentication】はGoogle 2FA、【ID Verfivcation】はKYCとなります。Google 2FAに進むとQRコードが出ていますので、Google AuthenticationアプリでそのQRを読み取って終了です。

 

次にギルドへの参加方法です。左上のSuper guildタブをクリックするとこの画面になります。真ん中の【Join super group】を選択します。ギルド用招待コードと、入る際のニックネームがありますので招待コード【7FXc8z】、ニックネームは任意でOKです。ながやまんさんがギルドマスターになります。


BHEXは出金にはKYCが必要となります。必要な個所に記入後、IDカード画像、セルフィ(自撮り)を取って送る形となります。

なお、BHEXではエアドロ等の付与は【MY Voucher】という形で行われます。TOP画面の右上、メールアドレスタブからMY Voucherへと進み確認ください。

これでまだ開始2か月ですからね、取引所BHEX。
現在の取引所トークンの中でも面白い存在となってくれそうです。

そんなBHEXの登録は こちらから!

コメント