CoinEx CET 取引マイニング 新ルール公開

こんにちはノリヒロです。
トレードマイニングの新ルールが7/10 13:00に公開されました。

以下ご確認ください。

新ルール公開の理由
取引マイニングにおいて、取引量が想定以上に多く、これ以上既存のDifficulty(還元量)の仕組みでは取引マイニング&配当の仕組みが保てない(還元量を下げていくには限界がある)と判断したため。
参考)7/1スタート時 50,000CET/時⇒7/2には3,000CET/時⇒7/10には100CET/時。還元が500分の1になってしまっていました。
  
現状は、時間ごとのDifficulty(還元量)に上限あり(毎日9:00にCoinExが調整して公表)
⇒新)7/12 0:00UTC(日本朝9:00)から以下のように変更する

<新ルールの概要>
1時間ごとの取引マイニング量の上限を流動的にする(ユーザーごとに異なる値にする)

<計算方法>
Difficulty(時間ごと) = (ユーザーのCETロック分/10,000)×BasicDifficulty 

BasicDifficultyはCoinExが流動的に決定。決定は0:00UTM(日本毎朝9:00)
ユーザーはCETを10,000単位でロック(固定して売買ができないようにする=CoinExに預けるイメージ)することができる(現状は機能はないが、これから付けると思われる。)なので、10,000CET以上保有者がこの新ルールを選択できる対象となる。あくまで権利があるということになります。やるかやらないかはユーザー次第。
例)
1,000,000CETをロックし、BasicDifficultyが100の場合は、Difficulty = 10,000CET/時 取引マイニング可能。

注意)
CETをロックした場合の新Difficultyの反映は次の1時間から。
CETのロックを解除した場合は、24時間以内にCETがウオレットに戻る。解除後のDIfficultyは次の1時間から反映。
ロックしたCETは当然配当の計算分に加算される。(保有しているのと同じ効果がある)
BasicDifficutyは小さければ小さいほど取引マイニングに優位に働く。現在使用しているDifficulty(還元率)とは考え方が逆になる。一般的に使用される仮想通貨のDifficultyと似た概念となった。

疑問)
ロックをしない取引マイニング参加者のDifficultyについては全く記載がないのですが、どうなんですかね?。もしかしてBasicDifficultyの数字でしょうか?その場合、今までよりもさらにDifficulty(還元率)が悪くなる可能性が高そうですが。

思い切ったことをしてきました。無理やり取引量を上げてきましたよ~まさにBOT仕様。ロックした分はデイリーの配当の計算に含まれるというのは面白い仕様です。大口CET保有者&取引マイニングを行っている人には素晴らしい内容ですね。マスターノードみたいだな…。CETの価格がこれまで以上に乱高下しそうです。さらにCETが安くならないことを祈るばかり。

ちょっとCoinExに興味がわいてきた方へ

CoinExはこちらから登録できます

コメント

  1. ky より:

    ロックすることによってどんなメリットがありますか?

  2. ノリヒロ より:

    こんにちは~。
    まず、ユーザーのメリットですがブログにもありますが、CETのロック量を増やせば増やすほど取引マイニング上で優位に立てます。取引マイニングでの還元率が高くなるからです。また、取引マイニングをしない人、ロックをしない人は、直接的にはメリットはありませんが、新ルールで取引量が増えれば、配当も比例して増えますので、間接的にはメリットはあります。
    ただ、デメリットもあります。取引マイニング量が増えればそれだけ市場にCETが流入する事になりますので、投げ売りが起こり、CET自体が暴落する可能性があります。
    次にCoinEx運営にとってですが、大口にロックしてもらうことで売り圧(CETの流出)を抑え、かつ取引量が上がりますので取引所としての見栄えはよいと思います。ですが、これは短期的によくなるだけであり、先ほども申し上げたようにいづれはCETの投げ売りが起こり、CETの価格が下落して報酬率が下がり、ユーザーもCETをステークしないようになってしまいさらに取引がさがる…といった負のスパイラルが起こることが想定されます。そうならないように運営は絶えず手を打たなければなりません。なかなか厳しいことではないかと思います。