CoinEx CETバーン、取引マイニング、配当開始 配当時間は?

asita
7月1日にCoinExの取引量マイニング、配当開始、そしてCETのバーンが行われました。こんにちはノリヒロです。仮想通貨界のトレンド変化は速いですね…ハードフォーク⇒エアドロー⇒配当型と来ましたがその配当型も徐々に下火に…。第2のFTとなるか?

取引量マイニング、配当、CRTバーン仕様変更

目次
①取引量マイニング

②配当

③CETバーン&仕様変更とその他イベント

①取引量マイニング

ff
<概要>
Trade-driven Mining
7/1 0:00UTC(日本時間では9:00AM)から開始
36億CETをトレードユーザーに還元
CoinExの取引手数料の100%をCETの時価で、各トレーダーのトレードボリュームに比例して分配
<条件>
KYC(本人確認)済アカウントのみ対象
手数料支払いにCETを使用したトランザクションは除外される
期間は180日間。20,000,000CET/日の目安あり
1日のマイニング目安があるため、Difficulty(還元目安)を前日比較で当日0:00に決定する
初日のDifficultyは50,000/1時間/1ユーザー
配当は1時間ごとに計算(計算時のCETで換算)
CoinExは取引マイニングの仕様変更の権利を留保する

7/1 15:36追加あり
ff2
7/1 0:00開始から15:00までの15時間で、1日のマイニング量の20millionを超える23millionがマイニングされています。マイニングの安定性と取引マイニングを持続させるため、7/1 4:00~16:00までにマイニングされたトランザクションのマイニング報酬を(50,000CET⇒10,000CET)へ調整します。
なお、7/1、該当期間に10,000CETを超えてマイニングをされた方は、7/2に差分を持ち越しします。

7/2  10:00時点での情報になります。15時間ですでに23millionがマイニングされてしまったので調整の為に後出しで指定時間帯での報酬を減らして対応します…4:00~16:00UTC(日本時間では7/1 13:00~25:00)までに取引をした人のCET手数料還元は10,000CET/時まで。残り分は翌日7/2に換算されるらしいですが…取引量増⇒マイニング報酬の調整が続き保留⇒還元分が還元されない…なんてことになりはしませんかね?もしくは還元される時にはCETの価格が半分になっていたりして…。
注)7/1の調整時間が4:00~16:00と、4:00~6:00の2パターンの記載があります。どちらが正しいのかわかりませんが、2時間調整しただけでは20million上限を下回ることはできないでしょうから、4:00~16:00と思われます。

再度申し上げますが、1日/時間当たりの還元上限は当日の0:00に決定する予定です。
なお、取引量マイニングおよび配当の情報はこちらで確認できます。

https://www.coinex.com/mining

ff3

7/2 10:00(日本時間の情報です。20,000,000CET/日の目安が一応ありますが、まだ1日経過しただけなのにすでに93,043,451CET(想定の4.5倍)のマイニングがされてます。それに伴いDifficulty(還元数)が3,000CET/時に…。当初は50,000CET/時ですから、約17分の1に落ちています…。大口だけが有利になりそうですね。

 

②配当

ff4

<概要>
Dividend Distribution(配当)
7/1 0:00(UTC  日本時間で9:00)から手数料収入の80%を全ての通貨を対象としてCETホルダーに配当分配する
最低100CET保有者から対象
ユーザーのCET保有数/トータルCET数 の比率で配分する
全ての通貨において、配当金額が0.00000001未満の場合配当はゼロ
配当計算は1時間ごとで、ユーザーのCETバランス、80%の手数料など必要な事項をSnapshotを取って計算
配当は翌日の0:00(UTC。日本時間では各日9時)
期間は7/1 0:00(UTC)~取引マイニング終了日まで(今のところ180日間、終了は12/31 23:59予定)
CoinExは配当の仕様変更の権利を留保する

aa
aa2
aa3

取引量がすべてだとは思いますが、リスクに見合っているかどうかは判断が分かれるところだと思います。7/2以降の配当にも注目ですね。配当の情報も同じくCoinExの取引マイニングのページで確認ができます。

③CET バーン その他のイベント

tra
取引所トークンCETをバーンすると公言してきましたが、ようやく第1回目のバーンがありました。

総発行数は100億CET。買戻し数量は37,851,179CET。バーン後の流通数は9,962,146,451CET。バーンされた率は1%未満…。エアドロより低いですね…。このバーンの数字は四半期の取引手数料収入の20%をもとに計算されています。いかにいままで取引量が少なかったということがわかります。

7/1の発表にて、バーンに関しても仕様変更がありました。
旧)四半期ごとに、手数料利益の20%をバーンする
新)月末にその月の手数料利益の20%をバーンする

取引マイニング、配当をすることでCETが市場に大量に出回ります。そこでのCETのインフレを防ぐため、定期的にバーン(いわゆるCET価格を買い支え)するという意思表示ですね。現状を鑑みるに、果たして20%のバーンで足りるのか、月次でなく週次で行わないと耐えられないのではないか?と想像できます。

また、マイニングプール”ViaBTC”と共同でイベントを行っています。

期間   7/1~10/8
報酬   総枚数1憶枚のCET配布
対象   ViaBTCでのマイニング量に応じてデイリーでCETを付与

こちらもCETのバラマキ作戦ですね…。とにかくCETは100億枚と発行枚数が多いので、いかにしてCETの価格を安定させていくかが配当、取引マイニング成功のカギになりそうです。
最後に、取引所トークン先駆者のFcoinの取引所トークンFTとCETのチャートを確認します。
ft
6/1~7/2のチャートです。FT/USDTは最大1.39USDT⇒現在0.39USDT。取引量も激減したのか、配当割合も落ちています。ただ、踏ん張っている感じも受けますので、材料次第(ただFIとは被っている気はしますが)ではあります。

cet
7/2時点でのチャートです。CET/USDTは、7/1に0.04USDTまで下がりましたが、現在は上昇基調。まもなくここ1か月の最高値に並ぶ勢いです。これからの取引マイニング、配当との兼ね合いが重要になりますね。

CoinExの登録はこちらから確認いただけます。

配当系トークンは初期参入者が有利と言われており、今までのところ寿命がそんなに長くありません。CETもどのような動きになるか、注目ですね。
また情報が更新されましたらまとめてご報告させていただきます。

2018/07/02 16:30追記
new
配当に関して
1日の取引量が10,000ドルに満たない通貨に関しては、配当を留保してCoinExが保管しておく。基準(10,000ドルか)を上回った日の配当として換算する。

取引量が少ない通貨への配慮でしょうか。

コメント