入金(Deposit)と出金(withdraw) その1

 

2018020401

こんにちは、ノリヒロです。本日は取引所間の入金・送金について解説します。

Deposit(入金)とWithdraw(送金・出金)


大前提として知っておいていただきたいことです。

Balance(バランス・残高)
      自分の資産状況を把握するページ
Deposit(デポジット・入金)    他の取引所からコインを移動(入金)するページ
Withdraw(ウイズドロー・出金) 他の取引所へコインを移動(出金)するページ

取引所ごと、コインごとにWallet(ウォレット、財布)があります。Walletへの入金は、入金しようとするWalletが発行するDeposit Addressが必要です。出金するWalletにて、「入金先のWalletのDeposit Address」を入力することになります。

2018020403

今回は、CoinExchange(コインエクスチェンジ)からCryptopia(クリプトピア)へコインを移動するシュミレーションをしてみます。移動する予定のコインは「DOGE(ドージ)」です。なお、コインを検索する際は略称(Bitcoinであれば「BTC」)で検索しましょう。以下の順番で確認しながら進みます。

 

①取引所取扱があるコインか、Wallet(ウォレット)が正常か確認する

まず、取引所でコインが取り扱われているかを確認します。各取引所のページで、「コイン名」で検索するのも可能です。以前ご紹介した Coingecko(コインゲッコー) や CMC でも検索できます。

2018020402_LI

「Doge」で検索後、「TradeExchange」のタブを選択します。「Volume by market」に相互の取引所があるか確認します。今回はどちらともありますので、大丈夫です。

次に、各取引所間のWalletが正常に機能しているかどうか確認します。Walletがあっても、正常に機能していなければ入出金はできません。この部分は「アビトラ」をする際に重要ですので、注意が必要です。まずは、Balance画面を開きます。
CoinExchangeの場合は「MY Account」→「Balances」
CRYPTOPIAの場合は取引画面右上の「$(ビットコインマーク)→「Balances」

CoinExchangeの「Balance」画面です。
一番右側の緑色〇のチェックがついた部分が「Wallet」の状態です。
「緑〇に✓」:正常です。入出金ができます。
「歯車」:メンテナンス中です。入出金はできません。
この画面では「XEV」コインは正常、「GMX」コインはメンテナンス中となります。

balance1_LI

CRYPTOPIAの「Balance」画面です。
左側の↓アイコン(入金)、↑アイコン(出金)となります。
「対象コインの列の下地が黒の場合」:ウォレットは正常です。
「対象コインの列の下地が黄色の場合」:メンテナンス中です。入出金ができません。
この画面では「SOON」コインは正常、その他コインは異常となります。
左側のアイコンにマウスを近づけると、メンテナンスの理由が出る場合があります。

balance2_LI

このように、相互の「Wallet」が正常であってはじめて入出金が可能となります。どちらか一方でも異常の場合は相互の入出金はできません。最悪の場合、セルフGOX(コイン喪失)する場合がありますので、注意してください。

 

②入金する予定のWalletのDepositAdressを作成してコピーする

次に、入金する予定のWalletの「Deposit adress」を作成します。今回は、CRYPTOPIAが入金先としています。取引画面右上の「$(ビットコインマーク)→「Deposit」選択します。
下の画面、「Select a currency」の部分に「DOGE」を入力。
該当のコインを選択すると、「NEXT」ボタンが出るので、それを押します。

2018020404

Adressが作成されました。
下画像の「Deposit Adress」の部分がアドレスです
水色の横線で塗りつぶした部分。英数字の羅列。「例)a345etfddfgt856423164sd」
これをコピーします。

 

2018020405_LI (2)
③出金先から出金指示を出す

今回はCoinExchangeが出金先です。
出金先から「Withdraw」を行います。「Balance」画面から対象コインの右側の水色部分「Action」→「Withdraw DOGE」を選択します。

balance1_LI

「Withdraw」Withdraw画面です。
your current available balance」:出金できる残高です。
Amount to WithDraw」:実際に出金する残高を入力します。
「WithDraw fee」:出金の際の手数料です。
「Net withdrawal Amount」:手数料を引いた出金額です。
DOGE Withdrawal Address」:入金先のAdressを入力します。
先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます
「Account Password」:ログインの際のパスワードを入力します。
「Google Authenticator Code」:2段階認証のパスワードを入力します。
(認証の仕方は後日アップします)

2018020406_LI

すべて入力したら、「Withdraw Adress」に間違いがないか再確認しましょう。
アドレスが間違っていると、最悪の場合、コインを失う事になります。
よければ、「Submit Withdrawal」を押します。これで出金の手続きは完了です。

★注意★
取引所によっては、出金手続きをした後、登録したメールアドレスに最終確認のメールが届きます。(Cryptopiaなど)その場合は、メール内にある「Verify(Confirm) WithDraw」のボタンを押さないと出金処理がされませんのでご注意ください。

長くなりましたので、出金処理後、入金確認までは次回になります。
本日もよいCryptoLifeを。
ありがとうございました。

コメント