財務状況公表 Mc.Afee氏との関係は? BTCP BitcoinPrivate 5月20~27日の動向

aaa1
McAfeeラッシュが続いています。こんにちは、ノリヒロです。McAfee氏の「お気に入りはBTCP」発言以降、BTCPホルダー内ではMcAfee氏一色です。こんな画像も作成して…かなり期待してますね(左からMcAfee氏/BTCP、BCH/ロジャーバー氏、BTC/サトシナカモト氏(本人ではありません、イメージです)、ETH/ヴィタリック氏)。そんな中、静かに寄付金の財務状況も公開しています。

 

5/20~27の動向

目次
①寄付金の財務状況公開

②MacAfee氏との関係性は?

③類似通貨との比較

①寄付金の財務状況公開

aaa2

BTCP運営の現在の財務状況を公開しています。
5/2時点での保有残高。簡単にするために、1ドルは110円で計算します。その他のレートは、表に記載がありますのでその通りとします。

BTCP  13,766 BTCP(357,916ドル、約3970万円)
BTC     73 BTC(554,800ドル、約6100万円)
ZCL   0ZCL (0円)
合計912,7161ドル 約1億円

2018年4月での状況はこちら。(2097円/BTCP、70万/BTC、419円/ZCLで換算しています)
BTCP    13500 BTCP
BTC    75BTC
ZCL    10650 ZCL
当時換算で 合計約8525万円

 

これとは別に、合計103BTC分の寄付がマイニングプールからあり、別会計で保管しているようです。
ということは、約2億円前後を保有していることになりますね。
4月時点で保有しているZCLは売却済み(支出に回した)で、ゼロですか。6/1期限にてZCLリブートコンペを行っていますが、あまり芳しくないのでしょうか。開発権限だけコンペで移動して、資産がそれに伴わないのではあまり新規開発陣にメリットがないような気がしますね。

 

②MacAfee氏との関係性は

「最近の注目はBTCPだ。匿名通貨の中では開発が進んでいる。このまま開発が進みダークウェブなどで広がっていけば、いづれはMoneroの地位を奪うだろう」

これに食いついたBTCPホルダーが歓喜し、現在までMcAfee氏に絡んでBTCPを盛り上げようとしています。それでは、現在のMcAfee氏の発言をみてみます。

aaa3

McAfee氏の見解をざっくりと意訳します。
「私の暗号通貨で重要視しているのは、プライバシー(匿名性)だ。匿名通貨のムーブメントを起こしてほしいと人々が願うならその先導者になろうと思う。BTCPなど特定の通貨に対してではなく、匿名通貨全般の発展のためにつぶやいていく(予定だ)。匿名通貨全般というイメージでとらえてほしい。だから、各通貨運営は、私の発言を利用してもらって構わない。もちろん無料で。今回はBTCP運営が私の発言を利用してくれただけのことである。」

McAfee氏は匿名通貨全体を、その信念のもと応援していくということですね。個別の通貨うんぬんではないということで、BTCPホルダーには少し思い違った結果になったように思いますが、まだまだMcAfeeブームは継続しています。というか、McAfee氏、完全に遊んでますね…。
aaa5

一方のBTCP運営ですが、特にMcAfee氏に関するツイート等はなく、広報舞台であるアンバサダーチームが取り上げる回数が増えています。

 

③類似通貨との比較

aaa4
BTCP運営が、ほかの主要匿名通貨(XVG、ZEC、XNR)との比較を表にしてツイートしています。
比較項目は、BTCPが開発に注力している項目を並べているので、よく見えるのは当たり前ですが…。
注目すべきは、「zk-SNARKs」「Segwit+Lightning Network」「ASIC Resistance」「Ledger Nano Support」ですかね。さらなるASIC耐性に向けて、BTCP運営ではzk-SNARKsの改良の可否をコミュニティでヒアリングしており(ハードフォークが必要になるかもしれないため)、早ければ3か月以内には草案が完成すると公式で発表しています。

今週は、SNS等メディアの活気がありましたが、開発状況の報告等はツイート等も含めありませんでした。チャートもゆっくり下降気味です。McAfee砲が続いているうちに何か起爆剤が欲しいところですね。次回は開発状況報告「Community Update」がありますのでそこに期待しましょう。

05/27 23:30追記
McAfee氏、大胆な予言です。

BTCPは、7月末までに200$を超えるだろう。(現在20$)
約10倍ですか。zk-SNARKsが改良され、Equihash用のASIC耐性の機能が開始されれば可能性はありますね。

コメント